宮崎美子のデビュー秘話 篠山紀信が「田舎の子でいいね」と言って…

週刊朝日

宮崎美子(みやざき・よしこ)/1958年、熊本... (07:00)週刊朝日

宮崎美子(みやざき・よしこ)/1958年、熊本... (07:00)週刊朝日
 現在、テレビ朝日系「CREAM QUIZ ミラクル9」にレギュラー出演するなど広く活躍する宮崎美子さん。熊本大学在学中に『週刊朝日』の女子学生表紙モデル企画を機に芸能界へ。当時のオーディションの様子を明かしてくれました。

【当時の表紙の写真はこちら】

*  *  *
 女子学生表紙モデルの第1号だなんてすごく光栄です。大学3年生のとき、「篠山紀信があなたを撮ります・キャンパスの春」という新聞広告を見て応募したんです。当時キャスターに憧れていたので、就職活動のアピールになるかな、なんて軽い気持ちで。

 面接に呼ばれ、輪転機が回る朝日新聞社の中で篠山さんにお会いしたのですが、私は地味な洋服にノーメイク、寒い日だったのでほっぺたはリンゴみたいに真っ赤。それを篠山さんが「田舎の子でいいね」って(笑)。真野あずささんはじめ、都会的な美人がたくさんいたので、まさか私がと思っていました。

 撮影前、「どんなお化粧をしてどんなお洋服を着せてもらえるのかな」とワクワクしていたら、ほぼスッピンで、お洋服も熊本から着ていったのと変わらない。撮影はあっという間で緊張する時間もありませんでした。

 そこから「いまのキミはピカピカに光って~」というミノルタのCMに出て、さらに女優になるなんてね。よくここまでやってきたなぁと我ながら思います。

 この企画は、昨年でもう37年なんですって? 今や私は、キャンパスの母ですね(笑)。

週刊朝日 2017年3月17日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック