東尾修「3連勝できる相手」だが…どうなるWBC日本代表!

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、野球日本代表「侍ジャパン」への不安と期待を口にする。

*  *  *
 このコラムをみなさんがご覧になるのは、もうWBCが開幕するころだと思う。みなさんは侍ジャパンに対して「大丈夫?」という思いだろう。私も同じである。

 宮崎合宿中に行われた2月25日の練習試合・ソフトバンク戦は0‐2で敗れた上、28日の台湾プロ野球選抜戦も5-8で負けた。代表がWBC前の練習試合で2連敗するのは過去3大会ではなかったという。

 特に、私もテレビで見た台湾プロ野球選抜戦の内容は不安を助長させるものだった。まず、先発した則本。本大会でも先発、中継ぎ、抑えなど、キーポイントでさまざまな起用法が考えられる投手で、いわば投手陣の中でもキーマンになる存在である。その投手が新球カットボールを交えながら、3回6安打3失点だった。彼が打たれたという事実は、本人以上に周囲の投手に与える影響が大きいよ。「則本でも打たれるのか」とね。

 則本本人にとっても最終調整登板であるならば「試す」という段階は終えていなければならない。2番手の牧田も、強いボールが投げられていなかった。緩急やクイック投法からの直球も、完全に対応されていたから。こちらも何かを試したのかもしれないが、その段階は開幕の1週間前ではなく、もっと前に終えていなければならない。

 試すというよりは、使える球種かどうかの最終判断をすべきレベルに行っていなければならない。そして抑える中で投手陣全体に「いける」という雰囲気をつくっていくことも大事。昨年11月の強化試合でも4試合で計29失点した投手陣ならなおさらだ。最後の登板でこういう状況だと、投げるほうも使う側も手探りで開幕を迎えることになる。

 小久保監督は宮崎合宿を、練習試合を含めて4日間にした。その影響は本大会に入った結果で判断しなければならないから、しばらく見守っていく必要がある。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック