松山英樹がまさかの予選落ち! 丸山茂樹の分析は…

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、今シーズン初となる松山英樹の予選落ちを分析する。

*  *  *
 いやあ、残念でした。僕の自宅から近いリビエラCCで開催された米PGAツアーの「ジェネシスオープン」(2月16~19日)です。松山英樹(25)は今シーズン初めての予選落ちでした。

 世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)、フェデックスカップポイントランク1位の英樹、2位のジャスティン・トーマス(米)という豪華なペアリングでしたけど、いきなり濃霧でスタートが遅れたのに始まって、雨にたたられながらのラウンドでした。3日目までかかった予選ラウンドで、英樹は68、80。スタート前に「天気が悪いのはやだね」なんて話をしてたから、英樹も警戒はしてたんでしょうけど、ショット、パットともにいま一つのまま終わりましたね。

 今シーズン26ラウンド目にして、初のオーバーパーですか。どれだけ安定してたか、ってことですね。本人が「初日の始まる前から違和感があった」とコメントしています。プロアマが終わったあとの練習を見ましたけど、「調子がよくない」とは言ってましたね。試合に入って急に気温が下がったりとか、気候の変動が激しかったりして、試合の中で修正できなかったんでしょうね。まあ、誰にでもあることですから。特別なことじゃないですよ。

 本人も深刻な感じじゃないと思いますよ。4月のマスターズの直前でなくてよかった、と思えばいいんじゃないですか? ここ数年を振り返っても、不調が何週間も続くっていうのは、去年の全米オープンと全英オープンに続けて予選落ちしたときぐらいですから。いいときはマスターズで勝てるようなゴルフができてるわけだから、何も心配することはないですよ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック