今年95歳の瀬戸内寂聴が元気なのは◯◯のおかげ

2017/02/28 07:00

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は小説家・尼僧の瀬戸内寂聴さんの大市(だいいち)「◯鍋」だ。

あわせて読みたい

  • 志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    週刊朝日

    10/26

    文豪の愛した一皿 京都・大阪編

    文豪の愛した一皿 京都・大阪編

    10/26

  • 服部先生オススメ! 熊肉を使った「月とスッポン鍋」

    服部先生オススメ! 熊肉を使った「月とスッポン鍋」

    週刊朝日

    8/16

    66歳年下の秘書が描く瀬戸内寂聴の元気と才気の秘密

    66歳年下の秘書が描く瀬戸内寂聴の元気と才気の秘密

    BOOKSTAND

    3/7

  • “握る技”が光る江戸前寿司に、大和田獏が役者の心得を痛感

    “握る技”が光る江戸前寿司に、大和田獏が役者の心得を痛感

    週刊朝日

    9/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す