田原総一朗「安倍外交はトランプ氏との『親密アピール』だけでいいのか」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「安倍外交はトランプ氏との『親密アピール』だけでいいのか」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
両首脳が強調した「親密度」。果たして本当に健全な関係なのだろうか (※写真はイメージ)

両首脳が強調した「親密度」。果たして本当に健全な関係なのだろうか (※写真はイメージ)

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、言うべきことを言わずに親密ぶりを誇張する安倍晋三首相とトランプ大統領の関係性に疑問を呈している。

*  *  *
 2月10日に米ホワイトハウスで行われた安倍晋三首相とトランプ大統領の初会談を、日本の新聞、テレビはいずれも「成功」という報じ方をした。何より両者が突出した親密度を示したことを強調した。

 会談後、トランプ大統領はフロリダ州パームビーチにある別荘に安倍首相を招待し、両者でゴルフを楽しんだ。トランプ大統領は安倍首相を非常に厚遇したわけだ。

 会談前、日本側はトランプ大統領が数々の難問をつきつけてくるのではないか、と心配していた。日本は、米国に対して中国に次ぐ貿易黒字を出している。米国にしてみると、689億ドルの貿易赤字である(対中国は3470億ドル)。

 トランプ大統領は口癖のように、「日本からは大量の自動車を米国に輸出してくるのに、米国から日本には輸出できない。これは不公平極まる」と怒っていた。実は対米貿易黒字の8割弱は自動車なのである。また、中国と並んで日本は不当な為替操作をしている、とも非難していた。

 だが、自動車の話も、為替の話も一切なかった。米国はTPPを拒否して、コメや牛肉など農産物についての不満をぶつけてくるのではないかと予測していたが、経済についての具体的な話はまったく出なかった。要するに両首脳の親密度をアピールするために、複雑な経済問題は全部先送りにしたわけだ。

 トランプ大統領は日米同盟の強化を強調し、尖閣諸島が米国の防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用対象だとも明言した。在日米軍の受け入れに感謝する、とまで言った。

 だが、トランプ氏は大統領令で、イスラム圏の7カ国の国民について、米国のビザを持っていても入国させないという措置をとった。欧州諸国の首脳たちはいずれも強く批判したが、安倍首相は「コメントする立場にない」と繰り返している。このことを朝日新聞が批判しており、私はこの批判には同意する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい