「いま一歩」でも世界5位に 丸山茂樹が明かす松山英樹のすごさ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「いま一歩」でも世界5位に 丸山茂樹が明かす松山英樹のすごさ

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹が明かす松山英樹のすごさ(※写真はイメージ)

丸山茂樹が明かす松山英樹のすごさ(※写真はイメージ)

 男子世界ランキング5位となったプロゴルファーの松山英樹選手(24)。しかし、丸山茂樹氏には、「いま一歩なんです」と相談していたという。丸山氏が明かす。

*  *  *
 1月29日付の男子世界ランキングで、松山英樹(24)が自己最高の5位に上がりました。

 その前週まで5位のジョーダン・スピース(米)に次ぐ6位だったんです。米PGAツアー「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」(1月26~29日、米カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC)で33位だった英樹が、この試合に出なかったスピースを世界ランクで抜いたんです。

 本人は試合の結果がよくなかったこともあって、何とも思ってないんじゃないですか? ただ、テニスの世界ランキング5位が錦織圭君(27)ですから、日本の若者がテニスとゴルフの世界ランク5位で並び立ってるってのは、何とも喜ばしいことですよね。二人は去年対談もして、英樹は結構刺激になったみたいです。これからも二人して日本の子どもたちに夢を与えていってほしいですよね。

 この試合の前の週に英樹とロスで会って、アプローチのことで相談を受けたんです。スイングをマイナーチェンジしたら、球がフェースに乗りにくくなって、スピンがかかりづらくなった、と。本人が全体的に「いま一歩なんです」って言ってましたから、少し違和感を持ちながらの試合で、33位という結果になったようです。まあ、こういうときもあるんじゃないですか?

 悪い、悪いと言いながらオーバーパーは打ってませんから。最終日がパープレーだったんですけど、2016~17年シーズンでアンダーパーで回れなかったのはこれが初めて。そんなことがニュースになるんですから、どれだけ安定感がすごいかってことですよ。

 この試合では、タイガー・ウッズ(41)が15年8月以来の米ツアー復帰を果たしました。過去7度も優勝してる試合なんですけど、4打及ばず予選落ちでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい