山田美保子 フジテレビメイク室で見つけた「天使」に感謝! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田美保子 フジテレビメイク室で見つけた「天使」に感謝!

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
防腐剤無添加のスキンケア化粧品「天使の美肌水」は、大人から子供まで全身に使える。全国のドラッグストアなどで販売。通販サイト「天使の美肌工房」もある(撮影/大野洋介)

防腐剤無添加のスキンケア化粧品「天使の美肌水」は、大人から子供まで全身に使える。全国のドラッグストアなどで販売。通販サイト「天使の美肌工房」もある(撮影/大野洋介)

右から、さっぱりタイプ(税抜き680円)、ヒアルロン酸入りの超しっとりタイプ(同760円)、しっとりタイプ(同680円)=いずれも310ミリリットル(撮影/大野洋介)

右から、さっぱりタイプ(税抜き680円)、ヒアルロン酸入りの超しっとりタイプ(同760円)、しっとりタイプ(同680円)=いずれも310ミリリットル(撮影/大野洋介)

 次に、「ディノス」とのお付き合いなのか、通販で人気の化粧品が置いてあるという印象もある。

 そんな中、いま、フジテレビのメイク室の各ミラーの前に必ず置いてあるのが「天使の美肌水」という全身化粧水だ。尿素配合の「さっぱり」「しっとり」タイプに加えて「ヒアルロン酸の天使の美肌水」も揃う。

 ボトルの素材や形状からして「たっぷり使ってくださいね」というメッセージが聞こえてきそうな見た目。コットンを数枚重ねて、たっぷり含ませてパッティングすることから始める人もいれば、佐伯チズさん式に、パックをしている人もいる。

 製造・販売元は、長野県の「大明化学工業株式会社」。ドラッグストアで買うこともできれば、「天使の美肌工房」という通販サイトでも買える気軽さも、「オススメしやすい」とメイクさんたちは言う。

 数ある化粧水の中で、なぜこれをセレクトしたかと聞くと、「刺激が少ないので、あらゆる肌質の方が出入りするメイク室には最適」とも教えてくれた。

 どのタイプも千円以下なので、冬場も夏場も本当にたっぷり全身に使えるのが有り難い。天使に感謝。

週刊朝日 2017年2月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい