「銀魂」イケメン・吉沢亮の野望は「男子にも受け入れられたい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「銀魂」イケメン・吉沢亮の野望は「男子にも受け入れられたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
吉沢亮(よしざわ・りょう)/1994年、東京都生まれ。2009年、母に勧められて受けた芸能事務所アミューズのオーディションを機に俳優デビュー。11年、「仮面ライダーフォーゼ」で話題となり、その後、映画「アオハライド」(14年)、「オオカミ少女と黒王子」(16年)、ドラマ「オトナ女子」(15年)など人気作に次々出演。17年は主演映画「トモダチゲーム」、映画「銀魂」など公開待機作が多数ある(スタイリング/荒木大輔、ヘア&メイク/内山多加子[コミューン]、撮影/植田真紗美)

吉沢亮(よしざわ・りょう)/1994年、東京都生まれ。2009年、母に勧められて受けた芸能事務所アミューズのオーディションを機に俳優デビュー。11年、「仮面ライダーフォーゼ」で話題となり、その後、映画「アオハライド」(14年)、「オオカミ少女と黒王子」(16年)、ドラマ「オトナ女子」(15年)など人気作に次々出演。17年は主演映画「トモダチゲーム」、映画「銀魂」など公開待機作が多数ある(スタイリング/荒木大輔、ヘア&メイク/内山多加子[コミューン]、撮影/植田真紗美)

 端正な顔立ちのイケメンで、中学時代には学年の4分の1の女子から告白されたモテ逸話を持つ吉沢亮さん。俳優としてドラマや映画などで活躍中だが、普段は超インドアのイマドキ男子。

「オフのときはだいたい一人で、漫画やゲーム、スマホ、そしてビールを楽しんでいます。誰かと外に出るのは面倒ですね(笑)」

 今後は「僕の根暗な感じを生かし、ドロドロした役をやってみたい」という。2017年は、大人気少年漫画を実写化した映画「銀魂」などが公開を控える。

「今までは女子からキャーキャー言われるような役が多かったので(笑)、今年は男子にも受け入れられる俳優になりたいです!!」

週刊朝日 2017年1月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい