雅子さまのご希望は「目立たぬよう、シンプルに」 “御用達”帽子店が語る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雅子さまのご希望は「目立たぬよう、シンプルに」 “御用達”帽子店が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
平成28年12月9日、53歳になった雅子さま (c)朝日新聞社

平成28年12月9日、53歳になった雅子さま (c)朝日新聞社

 最近は公務で人々の前に姿を現すことも多くなった雅子さま。故・平田暁夫(本名・市瀬静雄)の妻でオートモード平田・代表取締役の市瀬恭子さん(87)が、その素顔を明かした。

*  *  *
 天皇陛下が83歳のお誕生日を迎えた12月23日の一般参賀。皇太子妃雅子さまは、宮殿・長和殿のベランダから、笑顔で手を振って、集まった人びとに応えておられました。水色の帽子とドレスを召されてのご出席です。

 喜ばしいことに、最近は雅子さまが公務にお出かけになる機会が増えました。

 ご療養に入ったのちは、お洋服もひかえめな色味が多かったのですが、最近は白やブルーなど奇麗な色味をお好みのようです。

 皇后さまや皇族方のご衣裳(いしょう)は、帽子を洋服の共布で製作します。雅子さまは、ほとんど新調なさらず、お手持ちのもののお手入れと、少し感じを変えてお召しです。帽子も、「シンプルに」とおっしゃって、お花やレース飾りをつけることはあまりありません。

 昭和41年より皇后さまの帽子をお作りしていた故・平田暁夫(本名・市瀬静雄)が雅子さまに、ご説明したことがありました。

「帽子のアクセントにリボンや花をつけると、公務の際でも、人びとの視線が、お顔だけに集中しなくなりますよ」

 それを聞かれた雅子さまは即座にこうお答えに。

「あっ、いいですね。そうしてください」

 目立つことをひかえていらっしゃる。慎(つつ)ましいご性格だと感じます。

 今回の一般参賀では、眞子さまも佳子さまもピンク色や黄色のご衣裳をお選びです。明るくていいですね。でも、公務の場ではベージュや紺のシンプルな服をお召しですね。

 平成28年の6月、娘の欧子が青山で個展を開催した際、皇后さまを始め、妃殿下方がご覧にいらしてくださいました。

 なかでも眞子さまは、興味深そうに、いろんな方向から観察なさる。紀子さまがお帰りになっても、全面に花飾りのついた帽子や、アスコット競馬場で被(かぶ)るような大ぶりの帽子に関心を示され、「被ってみたい」と楽しまれて。

 これからの日本を代表する内親王さまが、華やかな装いでお出かけになる。そうなれば我々帽子をつくる人間は、どんなにか嬉(うれ)しいことでしょう。

週刊朝日 2017年1月6-13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい