森泉も実践! セレブの裏技「美容家電のW使い」とは?

連載「楽屋の流行りモノ」

週刊朝日
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、パナソニックの「美容家電」について。

*  *  *
 バブル時代のようなことはもうないのだけれど、テレビ局にも忘年会シーズンがやってきた。

 予算や視聴率の関係で、年内最後の収録終わりに、スタジオの前室やパーラーとか食堂で、発泡酒と紙皿に載った乾きモノで……という番組もあれば、出演者や出入りの制作会社が持ち寄った景品が当たるセレモニーがある番組もある。

 そんな景品で、圧倒的な人気を誇っているのがパナソニックの美容家電。特に汐留の日本テレビ近くには家電量販店が多いせいか、「景品がかぶっちゃった」のをよく見かける。

 でも、スチーマーや、発売されたばかりの炭酸イオンエフェクターは、「いくつあってもいい」景品だと聞いた。

 というのも、たとえばスチーマーは、「一つは自宅に、もう一つはメイクさんに渡しておいて現場に持ってきてもらう」のが常識だと、「バイキング」(フジテレビ系)で一緒の森泉ちゃんから教えてもらった。

 泉ちゃんと言えば、仲良しのファッション・プロデューサー、植松晃士さんが出演していた「おネエ★MANS」(日本テレビ系)の打ち上げの景品も美容家電ばかりだったことを思い出す。出演者が他に、IKKOさん、假屋崎省吾さん、マロンさん、真島茂樹さんら、ジャンルは違えど、美意識が高く、美容にも一家言ある方たちばかりだったので喜んでいただけたのだ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック