AERA dot.

年間1千億円の休眠預金活用 フジマキ氏が手法に疑問

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

長らく使われていない銀行口座の預金を活用する「休眠預金活用法」。メリットもあるが、問題点も? (※写真はイメージ)

長らく使われていない銀行口座の預金を活用する「休眠預金活用法」。メリットもあるが、問題点も? (※写真はイメージ)

 長らく使われていない銀行口座の預金を活用する「休眠預金活用法」。メリットはあるものの“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、その問題点を指摘する。

*  *  * 
 私は旧東京教育大学附属中のとき、水泳部。元大関貴ノ花(全国2位)がバタフライ選手だった杉並区立東田中学と並び、我が校は東京では強豪校だった。私以外はみな逆三角形の体形で、落ちこぼれそうな私のみ正三角形。しかし、先日会ったら、みんな円錐形に。途中経過は違っても、落ち着く先は同じのようだ。

★   ★
 銀行で10年以上放置された口座のお金を福祉に使う「休眠預金活用法」が、参議院で2日可決された。

 休眠預金の大半は、残高1万円未満。合計年1千億~1100億円発生する。これを預金保険機構に移したうえで、公益活動に携わるNPO法人や自治会などに、助成・貸し付け・出資できるようにする。預金者が求めれば、払い戻される。

 新聞各紙は実務上の課題を指摘しつつも、おおむね好意的なとらえ方だ。確かに、弱者を守るために余剰金を生かすのはすばらしい。

 しかし、諸手を挙げて賛成するほどすばらしいかというと疑問も残る。参院の審議でその点を質問した。

 資産の再配分は税金や社会保障によるのが普通で、それ以外で行政の関与は特殊。特殊な例は競馬・競艇・競輪等の公営ギャンブルが思いつく。これは「競馬等に興じる人たち」という同一グループ内での再配分で、掛け金を払う人はその点を事前に了解している。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加