ピアニスト清塚信也に師匠・中村紘子が…「強烈な親を持って、子供は大変」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ピアニスト清塚信也に師匠・中村紘子が…「強烈な親を持って、子供は大変」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
清塚信也/1982年生まれ。東京都出身。5歳からピアノの英才教育を受け、中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。マルチピアニストとして、演奏家、作曲家としてだけでなく、俳優としても活躍 (撮影/写真部・東川哲也)

清塚信也/1982年生まれ。東京都出身。5歳からピアノの英才教育を受け、中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。マルチピアニストとして、演奏家、作曲家としてだけでなく、俳優としても活躍 (撮影/写真部・東川哲也)

 ただ、音楽に関わるときは、ハーモニーにしても楽器演奏の技術にしても、そこには必ず“美の法則”が存在し、不協和音やヘタウマでは成立しないところに、清塚さんなりの限界を感じることもあるらしい。

「僕が芝居に憧れてしまう理由は、俳優っていうのが“なんでもあり”だからなんです。美しくなくてもいい。芝居の技術がなくてもいい。強い自分さえあれば、表現の限界を超えられるかもしれない。その可能性を感じられるところがいいんです」

 子供の頃は、「この苦しみを乗り越えたら、楽園が待っているんだから、今頑張りなさい」と母親から言われ、一生懸命ピアノを練習した。

「それが、大人になって獲得した幸福は、“朝起きて一杯のコーヒーがおいしい”とか、そんな些細なことばかり(苦笑)。でも今は、それが人生なんだってわかりました。だから今度出すアルバムも、日常を彩り豊かにする手助けをしてくれそうな、聴きやすい曲ばかり集めたんです。日本人の生活の中に、もっとピアノが浸透するといいなと思って」

週刊朝日  2016年12月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい