小池百合子の負けない“演出力” 自民都連との第2ラウンド (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小池百合子の負けない“演出力” 自民都連との第2ラウンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
主役の座は譲らない? (c)朝日新聞社

主役の座は譲らない? (c)朝日新聞社

「(復活予算は自民党の)力の源泉だったことは事実だと思います。それだけに反発はされると思いますが、東京都だけがやってきたこと。改革の最初の一歩というか当然なすべきことだと思います」(小池氏)

 復活予算について、共産党の清水ひで子都議はこう話す。

「毎年行われてきたもので、形骸化している。予算の編成を透明化するために、知事が廃止すると言うのは、賛成です」

 民進党の斉藤あつし都議も、

「いい所に目をつけてくれた。いっぺんに調整すればいいことを、わざわざ2段階に分けることはおかしいと言っていたんですよ」

 と賛同する。

 これまで、予算編成の過程で除かれた商店街振興や私学助成などの項目を、議会からの要望で復活させてきた。自民党は「事前に説明もなく、議会軽視」などと抗議文を提出し、拒否反応を示した。ある自民党関係者は憤る。

「復活予算が自民党の利権の温床だと言われてきたが、それは大うそです。商店街の店主や私立校に通わせている家庭が、さらには都民が困るんです」

 一方で、小池都政を支持する「かがやけTokyo」の上田令子都議はこう話す。

「自民党とはいろいろとぶつかっていますが、それでも小池さんは『政局』にならないようにしている感じにも見えます」

 7、8日の代表質問や一般質問の論戦で、常に話題の中心に立って耳目を集める小池氏の“演出力”に、自民が一矢報いることができるか。来年2月の予算編成、その先の夏の都議選をにらんだ駆け引きが続く。

週刊朝日 2016年12月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい