東尾修 サムライジャパンの“準備”に注目!

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、先日行われた侍ジャパンの強化試合を評価する。

*  *  *
 侍ジャパンがメキシコ、オランダと強化試合を行った。11月の戦いというものは本当に難しい。3月のWBC本番を見据えれば、極力休みを取りたい時期ではある。それでも野手は、ほぼフルメンバーがそろった。選手の代表に対する意識が高いといえるし、2013年に侍ジャパンを常設化して準備してきた成果は確実に表れている。

 結果は別として、この4試合の強化試合の前に、4日間、練習を行った意味も大きいよ。選手間でオフの調整におけるモチベーションにもつながる。何より、投手にとっては、日本の統一球より滑るとされるWBC球の対処法について、これまでの国際大会で蓄積したノウハウを共有できる。特に若い投手にとっては、こういった期間がなくオフに突入した場合、どう対処していいかわからなかっただろう。意味のある合宿だったと思う。

 私は13年の第3回WBCで投手総合コーチを務めたが、山本浩二監督が正式発表されたのが12年の10月10日だった。11月の強化試合の人選も早急に進める必要があったし、何より、メジャーリーガーの招集方針についても後手に回ったという印象はぬぐえなかった。今回は小久保監督が8月に渡米し、本人とも面談して、個々の契約状況や、大会に関する考え方なども聞けたと思う。十分にコンセンサスを得た上で招集することもできるし、準備は着々と進んでいるよね。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック