ミッツ・マングローブ「仕事人・矢野顕子の日本征服論」

連載「アイドルを性せ!」

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「矢野顕子」を取り上げる。

*  *  *
 以前ここで書いた木村拓哉さん出演のタマホームのCM。いよいよ『キムタクのカッコ良さ』が万能ではなくなったことにより、そこから今後のSMAPの楽しみ方を見出したものの、直後に解散が決まってしまいました。周囲からは「あのタイミングであんな文章を書くなんて、相変わらず意地悪ね」などと揶揄されましたが、書いたのは解散発表前。しかも、SMAPの未来に対し、極めてポジティブな捉え方をしたつもりだったのですが。万能性を失い、逆風に立たされたキムタクこそ、SMAP新時代の味わいどころだと期待していたので、つくづく残念で仕方ありません。やっぱり私、意地悪かも。

 それはさておき、解散発表と時を同じくして、タマホームのCMからも姿が消えてしまったキムタク。あそこまでしておきながら、タマホームったら、肝心な時にセンスないわ。代わって、最新作に起用されたのは、CMの女王・矢野顕子さんです。もちろんピアノを弾きながら、お馴染みの『誰も期待せずとも期待通りの矢野節』に染まった『ハッピーライフ♪ ハッピーホーム♪』を朗らかに唄ってらっしゃいます。代理店的企画・発想ゼロ、120%矢野顕子ひとりの力による作品です。一瞬、前作のキムタク(ピアノ一本での歌唱)は、「矢野さんへの噛ませ犬?」と胸が高鳴りましたが、恐らく諸々あっての『急遽の矢野顕子』だと思われます。それにしても「弾いて唄っていっちょ上がり!」って、矢野さんカッコイイ!

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック