林家木久扇が惚れ込んだエビチリ 身も餡もご飯粒も絶品!

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、落語家の林家木久扇さんが選んだのは、スーツァンレストラン陳の「陳建一のえびのチリソース」だ。

*  *  *
 僕はラーメンの仕事もしてるから、いろんな中華料理店に食べに行ってるんです。中で一番好きなのが、このお店。初めてうかがったのは6年前。娘とおかみさん(夫人)と飛び込みで入ったんです。一通り食べたら、総料理長の菰田(欣也)さんが席に来て「お味はどうでしたか?」と。総料理長にそんなことを聞かれたのは初めてで、熱心な方だと驚きました。

 エビチリはね、エビの身が甘くてプリッとしている。それに餡がおいしく絶品ですよ。チンジャオロースーの牛肉の軟らかさもいい。どこの店にもある料理なのに、この店でしかない調理の味わい。どうやったらできるんだろうと感心しています。

 しかも、ご飯粒がおいしいんです。僕、ご飯が大好き。地方の旅館で朝食を食べた時にご飯がおいしかったら、どこから仕入れているか教わって、お米屋さんで米を買って帰るくらいですから。おいしい料理にも負けないくらいのご飯を出してくれるのは、菰田さんの気遣いなんでしょうね。

「スーツァンレストラン陳」東京都渋谷区桜丘町26‐1セルリアンタワー東急ホテル2F/営業時間:11:30~14:00L.O.、17:30~21:30L.O./定休日:なし

週刊朝日 2016年11月18日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック