ミッツ・マングローブ「あ行タレントの苦難。好感度ランキング」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「あ行タレントの苦難。好感度ランキング」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「あ行タレントの苦難とは…(※イメージ)

「あ行タレントの苦難とは…(※イメージ)

 そして長年の謎と言えば、ランキング上位の常連であるドリカムさん。今期も安定の第4位です。思うに、『た行』まで目を通す人というのは、恐らく『わ行』までしっかりと見る人でしょう。なのに今さら「ドリカム」に○を? もちろん好感度抜群のスーパーバンドですが。ねえ、どうして~♪ もっと味わい深いのが、中島みゆき(10位)と松任谷由実(38位)です。時代や世相など関係なく、頑なに自分を貫く強者が一定数いる頼もしさを感じます。ただし、47位の八千草薫さんに至っては、一覧表を逆からめくってしまったお年寄りの票が集まったと考えるのが妥当かと。吉永小百合さんとの『や行・一騎打ち』として、今や季節の風物詩となりつつあるようです。

 しかし、このランキング最大の胡散臭さは、「東京駅を中心とした半径30キロ圏内」でしか調査していないという点に尽きます。上沼恵美子さんや宮根さん、そして福岡ではマツコさんなど足下にも及ばないほどの安定感を誇る「おすぎさん」の存在が反映されていないランキングなど、いったい何の意味があるのでしょう。

週刊朝日  2016年10月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい