北原みのり「電通過労自死で蘇る記憶」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「電通過労自死で蘇る記憶」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原氏は、電通女性過労自殺に男社会で「うまくやる」ことを求められつづけている女性の立場を考えたという(※イメージ)

北原氏は、電通女性過労自殺に男社会で「うまくやる」ことを求められつづけている女性の立場を考えたという(※イメージ)

 月100時間以上の残業を強いられた彼女と、当時の自分を比べるつもりはない。ただ、残された彼女のTwitterを読むと、職場の“オジサン”(ご本人がそのように書いていた)から、女子力がないとか、化粧のことや、見た目のことなどについて叱られたり、からかわれたりしていたのが伝わり、胸がざわついた。

 彼女を責め、からかい続けた“オジサン”は、私と同世代の可能性は高いのではないか。20年前のマスコミ塾で男の怒鳴り声に、最も従順に従っていた男の子たちの顔を思い出した。負の連鎖が、そう簡単に途切れるはずがない。こうやって、日本社会で男は男を育ててきたのかもしれない。こうやって女は男の価値の中で「うまくやる」ことを求められ、そうできない女は潰されてきたのかもしれない。そして、そういう社会のつけを払わされるのが、残酷なことに、「うまくやれない」と、自分を責めてしまう側なのだ。

 テレビのなかでは今日も、男たちが女の容姿や女子力をからかったり、指導したりしてる。楽しげに。でも、もういい加減、笑えない。もういい加減、疲れた。女たちの声にならない声が、叫びのように聞こえてくる。

週刊朝日  2016年10月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい