北原みのり「『うな子』、引きずりそうです。」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『うな子』、引きずりそうです。」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「閉塞感」を超えたな…と思う瞬間が増えている(※イメージ)

「閉塞感」を超えたな…と思う瞬間が増えている(※イメージ)

 さらに「うな子」について、「何が悪いのかわからない」「あれは性差別ではない」と考える女性が少なくないことも衝撃だ。私の周りでも、「だって、キレイな映像じゃん」とか、「あれが男の子だったら性差別にならないでしょう?」とうな子を肯定する女性たち。キレイな映像だから不快じゃないとか、登場人物を男の子に置き換えた時に問題にならなければ性差別ではない、とか。その理屈に、私は恐怖に近いものを感じる。

「うな子」表現を差別だと認識できない人は、差別というものを、もしかしたら、どのような時代でも文化でも社会でも普遍的に定義できる明快な状態だと思っているのかもしれない。または、差別・差別ではないの狭間に、誰もがわかる線が引かれているとでも。そして、そのように差別を捉えたら、確かに「うな子」は難解かもしれない。なぜなら、うな子が発する「養って」という言葉そのものが差別というわけじゃない。スクール水着そのものがエロというわけではない。

 スクール水着といった「記号」が射精産業で娯楽として消費され、男の性欲を守るための仕掛けが社会装置で機能している社会で、さらに少女監禁事件が度々起きる社会で、あの映像は差別として認識できるのだ。差別とは意味の積み重ねであり、暴力そのものなのだ。例えばあれがスクール水着を着た男性だったら、性差別とは言わないだろう。児童虐待であっても性差別ではない。男女を逆転して考えても、何の意味ももたないこと自体が、性差別の本質なのだ。こんなことも通じなくなっている社会。閉塞感という言葉では足りない、恐怖感が深まっている。

週刊朝日  2016年10月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい