“マツコ売れ”の代表格「骨盤おしりリフレ」でほぐしたーい♪ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“マツコ売れ”の代表格「骨盤おしりリフレ」でほぐしたーい♪

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
パナソニックの骨盤用エアーマッサージャー「骨盤おしりリフレ」。12個のエアーバッグが骨盤まわりをギュッとしめつけたり、もみほぐしたりして下半身をスッキリさせるという。全国の家電量販店などで販売中。価格は税抜き2万5000円前後(編集部調べ)

パナソニックの骨盤用エアーマッサージャー「骨盤おしりリフレ」。12個のエアーバッグが骨盤まわりをギュッとしめつけたり、もみほぐしたりして下半身をスッキリさせるという。全国の家電量販店などで販売中。価格は税抜き2万5000円前後(編集部調べ)

 なかでも、今年6月「マツコの知らない世界」(TBS系)の「ほぐし家電」特集で取り上げられたパナソニックの「骨盤おしりリフレ」はその代表的存在だとか。

 12個のエアーバッグが骨盤まわりをギュッとしめつけ、プロに学んだ“ほぐし技”でだるい下半身をスッキリできるマッサージャー。

「骨盤まわりが気になる」「腰がツライ」「太ももがいつも冷えて、だるい」などは女性ならピンとくる症状だろう。

 さらに「座った姿勢で長時間」「よく脚を組む」「いつも同じ側の肩にバッグをかける」は、働く女性の多くが思い当たること。

 文筆家であり、「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)以外の7本のレギュラー番組では、まさに長時間座りっぱなしのマツコさんが「骨盤おしりリフレ」に食いつくのは無理もない。

 手足なら自分でマッサージできるが、骨盤をほぐすのは難しく、マッサージ師や整体師のお世話になるのが当たり前だった。が、これなら自宅で寝転んでも立ったままでもOKだ。

「でもマツコさんの腰には短くて……」(番組関係者)。着けられなかったのに「マツコ売れ」するとは。マツコさんの威力、恐るべしだ。

週刊朝日 2016年9月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい