田原総一朗「『玉音放送』にも匹敵する天皇の『お気持ち』表明の重み」

連載「ギロン堂」

 ジャーナリストの田原総一朗氏が、陛下の「生前退位」の意向について解説する。

*  *  *
 8月8日、午後3時から約10分、天皇がテレビで「お気持ち」を表明された。

 私は1945年8月15日、昭和天皇の「玉音放送」を聴いた。国民学校の5年生だったが、「敵は残虐なる爆弾を使用し」や、「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」など、現在でも切れ切れにではあるが覚えている。私には、今回の「お気持ち」の表明は、71年前の「玉音放送」に匹敵する重さが感じられた。

 71年前、軍の幹部たちは「本土決戦で最後の一人となるまで戦うのだ」と息巻いていた。私たち国民もいや応なく、その覚悟をしていた。

 昭和天皇はそんな国民に、米英という敵に降伏する、それこそ堪え難きを堪え、忍び難きを忍んでほしいと、必死に訴えられたのである。後にわかったことだが、軍の一部が宮中を占拠し、天皇は生命の危険さえ感じながら、それこそ必死に訴えられたのであった。

 天皇に「生前退位」の意向があることを7月13日にNHKが報じ、それこそ大騒ぎとなった。保守系の政治家や学者、評論家たちはいずれも、天皇は「終身」であるべきだと、強い反対の姿勢を示した。「生前退位」により過去に政治が混乱に陥ったり、流血の事態を引き起こしたりしたこともあり、明治時代に「終身制」になったというのだ。皇室典範第4条も「天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する」となっており、公務に耐えられないほど体調が悪くなれば摂政を置けばよい、と定められている。おそらく政府関係者の多くも、こうした考え方をしているはずである。

 天皇は、そういう事情は百も承知であえて「お気持ち」を表明されたのだ。昭和天皇に劣らない、まさに必死の、国民への訴えだった。

 右派の政治家や学者たちは「生前退位」を表明すること自体が「国政への介入」であって、憲法第4条違反だと主張している。これに対し天皇は「お気持ち」の表明にあたり、「個人として」の考え方を話すと断っている。そして、わざわざ摂政を置くというケースを示して、それをやわらかく否定したのである。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック