20年で“村長”がママに…? 春風亭一之輔が同窓会で見たもの

ああ、それ私よく知ってます。

春風亭一之輔

2016/08/09 11:30

 会場中飛んで回ってやたらに名刺を配り続けて、

「来年、県議会選挙に出ますんでよろしくお願いいたします!」

 同級生なのに敬語を操っている現・秘書の彼。なんだかあまり笑えない。

「○組の△△、死んじゃったってよ」
「うそ!! なんで!?」
「いろいろあったみたい……」

 ホントに笑えない。

「□□先生、認知症でホームに入ってるそうだ」
「あのおっかなかった先生が!?」

 うーん、笑えない。

 変化はハゲくらいにとどめておいてもらえるとありがたい。

「Aが来てないな」
「あいつ、性別変わったってよ」
「え………まじで?」
「店、始めたってさ」
「そういうお店?」
「ブログやってんだ。見る?」

 スマホでAの店のブログをこわごわ覗く。

「可愛いな、A……」
「なんでもっと早く気づかなかったんだろうな、俺たち」

 卒業アルバムのAはイガグリ頭で鹿せんべいを咥えておどけていた。「いやはや、いやはや」が口癖であだ名は「村長」。

 20年で村長がママになっていた。同窓会もなかなかいいもんだ。

週刊朝日  2016年8月12日号

春風亭一之輔

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。この連載をまとめた最新エッセイ集『まくらが来りて笛を吹く』が、絶賛発売中

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 大センセイ、同窓会で“不条理”に遭遇 「誰だっけ?」「なんで」…
    筆者の顔写真

    山田清機

    大センセイ、同窓会で“不条理”に遭遇 「誰だっけ?」「なんで」…

    週刊朝日

    12/29

    小峠が語る薄毛の極意「トレエン斉藤は攻めのハゲ、スキンへッドは逃げのハゲ」

    小峠が語る薄毛の極意「トレエン斉藤は攻めのハゲ、スキンへッドは逃げのハゲ」

    週刊朝日

    12/3

  • 同窓会に行けない症候群

    同窓会に行けない症候群

    週刊朝日

    9/27

    内野聖陽は日本で一番、ゲイの美容師が似合う俳優だと思う
    筆者の顔写真

    矢部万紀子

    内野聖陽は日本で一番、ゲイの美容師が似合う俳優だと思う

    dot.

    4/22

  • コンプレックス文化論

    コンプレックス文化論

    週刊朝日

    8/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す