室井佑月「印象操作、ではないの」

連載「しがみつく女」

 来月7日に民進党の代表選挙が行われる。メディアでは共産党との野党共闘に関する議員のコメントが報道されているが、それは印象操作ではないかと作家の室井佑月氏は疑問を呈する。

*  *  *
 8月25日に告示し、9月7日に投開票を行うという民進党の代表選挙。報道によれば、野党間の連携の在り方について、議論し、代表が選ばれるようだ。

 具体的にいえば、共産党とこのまま連携していいのかってことで揉めている。

 たしかに揉めていることは事実だけれど、あたしはこの件に関し、報道のされ方に疑問を持っている。

 なぜ、共産党と連携することを嫌がっている議員の声ばかりピックアップされるんだろうか。

 もう一方の、自民党ときっちり対峙できるよう民進党も「格差是正」「TPP反対」「憲法改正反対」「脱原発」でほかの野党とがっちり力を合わせていくべきだ、という議員の声をなぜ取り上げない?

 一応、岡田代表の声として、「参議院選では野党共闘がうまくいった」というぐらいのものは取り上げられている。が、積極的に「反自民の受け皿になるよう、ますます野党は政策から連携を強めるべきだ」という議員の声は取り上げられない。

 おかしいったらない。そういう発言をする人がいないのか? たとえば、連合などの組織の応援を失ったら、選挙で不利になると思っているとか?

 違うよな。衆議院選のことを考えれば、自分の地盤にほかの野党候補を立てられないほうがいいわけで、とすれば積極的に野党の連携を訴える議員だっているはずだ。

 と、ここまでしらばっくれて書いてしまったが、あたしは知っている、民進党の中に「格差是正」「TPP反対」「改憲反対」「脱原発」を強く訴える人も多くいることを。べつに隠してない、その人たちは堂々と自分の意見をいっている。

 つまり、あたしがなにをいいたいかというと、これってマスコミの印象操作なんじゃないかってこと。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック