あの男性アイドルも差し入れ! 老舗の人気“サンドウヰッチ”とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あの男性アイドルも差し入れ! 老舗の人気“サンドウヰッチ”とは?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
手土産や差し入れ用には、包装してくれる赤トンボのサンドウヰッチ。東京・日本橋(完全予約制)の店舗のほか、日本橋と新宿の高島屋で販売している。女性や子どもも食べやすい一口サイズで具材が隅々までびっちり。乾燥を防ぐためにジップ付きビニールパックに4切れずつ入っている。特に人気なのはミックス(税抜き450円)、自家製ローストビーフ(同650円)、カニのベシャメル(同500円)

手土産や差し入れ用には、包装してくれる
赤トンボのサンドウヰッチ。東京・日本橋(完全予約制)の店舗のほか、日本橋と新宿の高島屋で販売している。女性や子どもも食べやすい一口サイズで具材が隅々までびっちり。乾燥を防ぐためにジップ付きビニールパックに4切れずつ入っている。特に人気なのはミックス(税抜き450円)、自家製ローストビーフ(同650円)、カニのベシャメル(同500円)

 まさにその本場の伝統的な一口サイズのスタイルを貫き、「手軽なのに、とっておき」のキャッチフレーズどおり、選び抜かれた食材にこだわったのが「赤トンボ」の「サンドウィッチ」改め「サンドウヰッチ」だ。

「人間で言えば“還暦”にあたる創業60年を機に表記を変更した」とか。その歴史は、1950年の銀座・並木通りに誕生したサンドイッチパーラーに遡る。

 現在は日本橋の店舗(完全予約制)のほか、日本橋と新宿の高島屋で販売中。ちょっとしたパーティー向けの数を頼む場合は予約が必要。

 私がいちばん感動した「赤トンボ」体験は、某グループのリーダーで、気遣いと人柄が有名な男性アイドル(大人の事情で名前は明かせない)が、私の担当する番組宛てに差し入れてくれたときだ。前回の収録で、彼が主演する映画のPRを共演者がしたことに対する「御礼」の差し入れだった。

 上等な洋菓子が入っているかのような箱。見た目も味も最高にエレガント。「赤トンボ」のサンドウヰッチは、グルメリポーターの彦摩呂さんの食リポではないけれど、まるで「宝石箱」だ。送り主の心遣いが伝わる差し入れだ。

週刊朝日 2016年8月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい