米国に嫌われた宰相・田中角栄の孤独 「秘密指定」解除された米公文書を徹底検証

2016/07/28 11:30

 高等小学校卒ながら、首相に上り詰め、「今太閤」と呼ばれた田中角栄が逮捕されて、7月27日で40年になる。空前の角栄ブームとなった今、「米国の虎の尾を踏み、失脚した」との説が有力視されている。朝日新聞編集委員の奥山俊宏氏が裏付ける証拠を見つけ出そうと、解禁された米公文書の密林に分け入って見えてきたものとは――。

あわせて読みたい

  • 「田中角栄は信じられないウソつき」 「無教養」「虚飾」という米政府の評価

    「田中角栄は信じられないウソつき」 「無教養」「虚飾」という米政府の評価

    週刊朝日

    7/28

    ロッキード事件から40年 「日米安保が破壊される」と疑惑もみ消しを依頼した中曽根幹事長

    ロッキード事件から40年 「日米安保が破壊される」と疑惑もみ消しを依頼した中曽根幹事長

    週刊朝日

    7/29

  • 室井佑月「大事なことを隠してる」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「大事なことを隠してる」

    週刊朝日

    7/11

    田原総一朗「米国の庇護は“勘違い” 核保有含め防衛の議論が必要か」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「米国の庇護は“勘違い” 核保有含め防衛の議論が必要か」

    週刊朝日

    8/7

  • 田原総一朗「G20直前トランプ“不公平”発言は対米追従迫る牽制だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「G20直前トランプ“不公平”発言は対米追従迫る牽制だ」

    週刊朝日

    7/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す