統合失調症の治療薬 85人死亡の余波 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

統合失調症の治療薬 85人死亡の余波

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

発売から2年あまりで85人が…(※イメージ)

発売から2年あまりで85人が…(※イメージ)

 統合失調症の治療薬「ゼプリオン」を使った患者85人が、発売から2年あまりで死亡していることが、NPO法人地域精神保健福祉機構の発表でわかった。

 ゼプリオンは2013年に製薬会社のヤンセンファーマから発売された注射薬。4週間に1回打つだけで効果が持続し、販売実績から現在、月に1万2千人が使用しているという。

「飲み忘れがある飲み薬と比べ、注射薬は当事者からすれば利点の大きい薬です。不安を抱えながら薬を使い続ける当事者のためにも、原因究明してほしい」

 そう訴えるのは、機構の宇田川健共同代表だ。発表以来、機構には数十件の問い合わせがあったという。

 実はこの薬、市販直後の6カ月調査で32の死亡例が報告されている。死因は自殺や心筋梗塞、がんなどさまざまだった。

 厚生労働省は14年4月、ゼプリオンに関する安全性速報の発出を企業に指示。だが、15年6月末の段階で死亡例は71例に。

 同社は状況報告と適正使用を求めるリリースを医療機関に配布した。統合失調症の患者を診るひだクリニック(千葉県流山市)の肥田裕久院長は言う。

「ゼプリオンが特に危ない薬という認識はありませんし、当院の患者も静観しています。ただ、使用中に亡くなった方がいるのは事実。製薬企業の責任として、使用人数や原因についてもっと積極的に情報を開示すべきです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加