北原みのり「また萌えキャラですか」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「また萌えキャラですか」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

萌えキャラが氾濫する理由は、そこに活路があると思っているから? それとも…(※イメージ)

萌えキャラが氾濫する理由は、そこに活路があると思っているから? それとも…(※イメージ)

 今や萌えキャラは、オタクとかサブカルとかエロとかの枠を超えて、というか区別なく、行政や企業が活用する時代になってしまったようです。

 厳しい時代を生きるオジサンたちは、少女のファンタジーに、すがるしかないのでしょうか。そこに本気で活路があると思ってるのでしょうか。というか、ただ破れかぶれなの?

 一つわかるのは、萌えキャラを、まるで「新しいこと、始めました!」という調子で活用する人たちには、同じ社会に女という生き物が生きていることが見えていないということ。

 ハッキリ言いますが、大人の女の多くは、少女ファンタジーにしがみつく大人の男を、キモイと思っています。萌えキャラがキモイ、というよりも、萌えキャラを重宝し濫用する男社会がキモイ。少女に向ける眼差しやファンタジーの過剰さに困惑し、どう身を置いていいかわからなくなるのです。なぜ男たちは、ここにいない少女たちを、執拗に求め続けるのか。その眼差しの空虚さに、恐怖するのです。

週刊朝日 2016年7月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい