中村獅童のせいでR15に!? 綾野剛が新作映画で自分の“弱体化”悟る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中村獅童のせいでR15に!? 綾野剛が新作映画で自分の“弱体化”悟る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
俳優綾野剛あやの・ごう/1982年、岐阜県生まれ。2003年、俳優デビュー。10年に連続ドラマ「Mother」、11年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演したことで注目を集める。13年、大河ドラマ「八重の桜」出演、同年、連続ドラマ「最高の離婚」で「東京ドラマアウォード2013」助演男優賞。主演映画「そこのみにて光輝く」(14年)で「毎日映画コンクール」ほか数々の主演男優賞受賞。映画「日本で一番悪い奴ら」は6月25日から全国公開予定(撮影/写真部・堀内慶太郎、ヘア&メイク/石邑麻由、スタイリング/澤田石和寛[SEPT])

俳優綾野剛
あやの・ごう/1982年、岐阜県生まれ。2003年、俳優デビュー。10年に連続ドラマ「Mother」、11年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演したことで注目を集める。13年、大河ドラマ「八重の桜」出演、同年、連続ドラマ「最高の離婚」で「東京ドラマアウォード2013」助演男優賞。主演映画「そこのみにて光輝く」(14年)で「毎日映画コンクール」ほか数々の主演男優賞受賞。映画「日本で一番悪い奴ら」は6月25日から全国公開予定(撮影/写真部・堀内慶太郎、ヘア&メイク/石邑麻由、スタイリング/澤田石和寛[SEPT])

 テレビで見ない日は無いほど大人気の俳優・綾野剛さん。作家・林真理子さんとの対談で出演した映画「日本で一番悪い奴ら」の撮影裏話を語った。

*  *  * 
林:暴力団の幹部役の中村獅童さん、もうそれ以外の何者でもないという感じで(笑)。こういう役がここまで似合う方だとは思いませんでした。

綾野:獅童さんのせいで「R15」がついたんじゃないかというぐらい(笑)。

林:「R15」、ついちゃいました?

綾野:ええ。Rがつかないと、その分表現の自由が少なくなるんです。その基準は曖昧だったりするんですけど。たとえばこの映画ではシートベルトをつけないで運転するシーンが出てくるんですが、テレビドラマの場合、容疑者が警察から逃げる場面でもシートベルトをしなくちゃいけないとか、あるんです。

林:まあ、そうなんですか。

綾野:(僕が演じた)諸星(という刑事)は最終的に、自らも覚醒剤を使用するようになるんですが、シャブ(覚醒剤)を注射するシーンをちゃんと映すか、雰囲気だけにするかとか。それも規制の基準の一つになりますが、この映画では血管に注射針を突き刺すところをしっかり映した。一つひとつのディテールにこだわると、どうしても「R15」になりますね。それによってご迷惑かける方もいるかもしれませんが、その分いい作品ができたと思いますし、覚醒剤の恐ろしさがより伝わると思うんです。実は僕、この映画の脚本を最初に読んだとき、一瞬「これ、映画にしていいのかな」と思ったんです。でもそう思った時点で、僕は役者として弱体化しているわけです。

林:ああ、なるほど。

綾野:美男美女が恋をする話とか、涙がこぼれる感動映画とか、そういう映画ばかりがどんどん世に出ていく。その状況を当たり前のように眺めているうちに、いつの間にか僕も侵食されてしまったんですね。

林:最近、少女漫画を原作にした作品、ものすごく多いですよね。

綾野:そういう作品のよさもあるし、僕も好きで見たりします。でも、その対極にあるような作品が存在することで、本当に美しいものを美しいと判断できると思うんです。映画産業が弱体化しないためにも、こういう作品はつくっていかなくちゃならない。それによって日本の映像文化は、もっと世界に羽ばたいていけると思うんです。

週刊朝日 2016年7月1日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい