“ガンちゃん”岩田剛典 ブランド力は靴にも波及? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ガンちゃん”岩田剛典 ブランド力は靴にも波及?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」配給:松竹(c)2016「植物図鑑」製作委員会

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
配給:松竹
(c)2016「植物図鑑」製作委員会

 草花に詳しい青年の恋を描いた映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」が好調だ。6月4日公開で、初週の週末興行収入は3億4204万円、週末動員数は26万4270人。いずれも邦画部門で1位だった。

 主演は、EXILE、三代目 J Soul Brothersのメンバー、“ガン(岩)ちゃん”こと岩田剛典(27)。爽やかな笑顔は、女性のみならず男性の支持も厚い。

「小学校時代はガリ勉で“お受験戦争”」「(慶応在学中に)モテたくてダンスを始めた」。ガンちゃんはTBS系の番組「新チューボーですよ!」(6月11日放送)でこんな話も明かし、ファンから「真面目で正直なのも、ポイントが高い」と称賛の声。地元・愛知県の模試で1位になったこともあるという秀才だ。

 ネット上では、ガンちゃんの父が老舗高級靴メーカー「マドラス」(名古屋市)の社長であるとの話題も盛り上がる。兄も大手広告会社を経て4年前から働き、次期社長と目される。

 慶応大卒のガンちゃんがデビューした時期は、就職氷河期。弟の選んだ意外な進路に、兄は知人の前でこう話していたという。

「弟が(大手企業の)内定を蹴って、芸能人になっちゃった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい