津田大介「新聞にネット業界の人材登用の時代」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「新聞にネット業界の人材登用の時代」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
新聞業界とネット業界の間に起こる人材の行き来が新たな時代をつくる(※イメージ)

新聞業界とネット業界の間に起こる人材の行き来が新たな時代をつくる(※イメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏は、新聞業界とネット業界の間に起こる人材の行き来が新たな時代をつくるという。

*  *  *
 6月2日、米国の労働省労働統計局が、ネットが普及し始めた1990年代から2016年までの情報産業の季節変動調整済み雇用データを発表した。

 これによれば、ウィンドウズ95が発売された95年8月の段階で、米国の新聞社には42万7600人が雇用されていた。一方、ネットメディア企業が雇用していたのはわずか3万4100人。両者には10倍以上の開きがあった。だが、09年を境に両者の差は一気に縮まり、最新の雇用データでは新聞が18万3200人、ネットメディア企業が19万7800人と逆転してしまったのだ。衝撃のデータではあるが、ついに来るべきときが来たとも言える。

 日本の情報産業に絞った雇用データは見つからないが、個別の企業に目を向けてみると米国と同様のことが起きていることがうかがえる。新聞最大手の読売新聞と朝日新聞の現在の社員数は約4600人だが、ネットメディア最大手のヤフーの社員数は既に5千人を超えた。同社はここ数年報道に力を入れ、ニュース部門に元新聞社の社員がひっきりなしに転職している状況だ。米国でハフィントン・ポストに次ぐネットメディアとして近年大きく成長を遂げている「バズフィード」の日本版を昨年合弁で立ち上げ、創刊編集長に朝日新聞のデジタル部門で中心的役割を担っていた古田大輔記者を引き抜いたことも話題になった。今後は日本でも米国のように「紙」から「ウェブ」業界への転職が活発化していくはずだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい