北原みのり「なぜ今、怒らないのか」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「なぜ今、怒らないのか」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ今、怒らないのか(※イメージ)

なぜ今、怒らないのか(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は山尾志桜里・衆院議員を取材するため、初めて予算委員会を傍聴したという。

*  *  *
 今週発売の「AERA」で衆議院議員の山尾志桜里さんのルポを書いた。2月末あたりから国会議事堂で本会議や予算委員会を傍聴したりなど、永田町に通った。取材中に民主党は民進党になり、山尾さんは政調会長になった。東京オリンピックの招致に関する疑惑が浮上し、オバマさんが広島の平和記念公園でスピーチし、サミットでの首相発言「今はリーマンショック前と似てる」が物議を醸し、首相は消費税増税を延期すると「新しい判断」を下し……まぁ、いろいろあった。

 予算委員会を傍聴したのは初めてだった。中継画面では分からない「サイズ感」に驚いた。近いのだ。質問者と答弁する大臣たちの距離が。ほぼ机一つ挟んで向かい合うようにして、あの人たちは議論している。しかも、質問者側からみれば、目の前には足組んでニタニタと余裕な顔している(ように見える)大臣等、その後ろにはスネ夫みたいな官僚集団がずらりと控えている。そういう人たち相手に、野党の議員はたった一人であそこに立つのだ。しかも、後ろからは男の怒声みたいなヤジ。……恐ろしい職場だ。

 山尾さんは、民主党が政権を取った時に国会議員になった。改めて民主党政権が誕生した2009年の新聞記事や、雑誌記事を読んだのだけれど、これが何とも言えない複雑な気分になるのだった。あの時、メディアはとにかく自民党に怒りまくり、政権交代しなくちゃ始まらねーだろ! みたいな雰囲気に満ちていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい