AERA dot. 5th anniversary

室井佑月 安倍首相に「国民は驚いちゃいないって」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加

負けず嫌いで見栄張り?(※イメージ)

負けず嫌いで見栄張り?(※イメージ)

「リーマンショック」という言葉を何度も使い、消費増税先送りを発表した安倍晋三首相。このことについて作家の室井佑月氏は、安倍首相の性格が見えたという。

*  *  * 
 6月1日、安倍首相が消費増税を2年半先送りにすることを、会見で発表した。

「私たちが現在直面しているリスクは、リーマンショックのような金融不安とはまったく異なります。しかしリスクには備えなければならない」

 だって。

 この期におよんでまだ「リーマンショック」という言葉を持ち出してくるのか。この方、ほんとうに負けず嫌いで、くだらない見栄張りなのね。

 そもそも前の選挙のとき、「リーマンショック級の経済危機などの重大事態が起きない限り、もう消費増税の延期はない」。そういい切ってしまったから、嘘ついていないっていいたくて「リーマンショック」という言葉を持ち出した。で、その発言に対し、サミットに出た各国の代表にもお墨付きをもらいたかったが、失敗。つーか逆に「リーマンショック」という言葉を取り上げ、「違うから」と否定される始末。

 そこでやめときゃいいのに、議長記者会見で「リーマンショック」という言葉を、少なくとも5回は連発し、世界的経済危機であることをアピール。そして、「私たちG7は、その認識を共有し、強い危機感を共有しました」

 とまでいってしまい、

「そんな共有なかったろ。選挙が近いからって、国内政治に利用すんなや」

 という論調で、海外メディアにぶっ叩かれた。

 その後、この方は、自民党の役員会の中、身内だけで気が緩んだのか、

「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」

 と蒸し返す。それをロイター通信にすっぱ抜かれ、さすがに国内メディアにも少し責められ、国民の多くが「あの人、ちょっとおかしくない?」、そう首を傾げだしたら、1日の会見で、

「リーマンショックとは異なる」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   2016参院選 , 安倍政権 , 室井佑月 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加