清原被告のように中高年増加中の“薬物依存” 最新治療とは?

清原和博

2016/05/31 07:00

 元プロ野球選手の清原和博被告、歌手のASKA氏に代表されるように、覚せい剤で検挙される中高年が増えている。再犯者も多い。そうした中、薬物依存の新しい治療プログラムが開発され、効果を上げている。

あわせて読みたい

  • 清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練

    清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練

    週刊朝日

    3/14

    食べ物依存、性依存、買い物依存…「依存は誰にでもおこり得る」と医師が指摘

    食べ物依存、性依存、買い物依存…「依存は誰にでもおこり得る」と医師が指摘

    dot.

    4/25

  • 薬物依存は脳に異常が起きている病気

    薬物依存は脳に異常が起きている病気

    AERA

    1/28

    一日に700錠も…蔓延するせき止め薬「乱用」はなぜ、なくならないのか

    一日に700錠も…蔓延するせき止め薬「乱用」はなぜ、なくならないのか

    dot.

    5/4

  • ギャンブル依存経験者がハマるFXのリスク

    ギャンブル依存経験者がハマるFXのリスク

    AERA

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す