清原被告へ東尾修がエール「名球会は門戸を閉ざすことはない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清原被告へ東尾修がエール「名球会は門戸を閉ざすことはない」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
清原被告の初公判に証人として出廷後、報道陣の質問に答える佐々木主浩さん (c)朝日新聞社

清原被告の初公判に証人として出廷後、報道陣の質問に答える佐々木主浩さん (c)朝日新聞社

 キヨは「自分の更生のために野球に向き合うというのは、野球に対して失礼」との内容を語った。もちろん、野球界がすんなり受け入れてくれるという甘い環境でもない。

 ただ、キヨも会員である「日本プロ野球名球会」の理事の立場で言いたい。名球会は門戸を閉ざすことはない。近くに寄り添い、手を差し伸べることはできないが、彼が更生できたと世間に認められたとき、みんなが立ち直ったと思えたときには、彼を迎え入れたい。名球会員のほとんどが同じ意識でいることを忘れないでほしい。理事を務める佐々木主浩が弁護側の証人として法廷に立ち、「(清原は)今でも野球人」と語った。野球人として残した足跡までが否定されるものではない。

 完全に社会から許しをもらうことはできないかもしれない。人間として一生をかけて償うものなのかもしれない。昨年にキヨが行った「お遍路」は八十八カ所の霊場を巡拝し、最後は私の地元、和歌山にある高野山にお参りする。私は、1月11日の福岡・ヤフオクドームで行われた名球会イベントで、彼に「高野山の頂上まで来たら迎えにいくぞ」と声をかけた。

 野球界に恩返しをしてほしいとの思いから出た言葉だった。その3週間後に逮捕され、私の願いは遠のいたかもしれないが、道が閉ざされたわけではない。厳しい更生の道を自分の足で歩き、再び野球界にたどり着くことができたなら、笑顔で迎えにいきたい。信じて待ちたい。

週刊朝日 2016年6月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい