フジマキ「預金金利もマイナスに」 景気回復には国民の勇気が必要? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フジマキ「預金金利もマイナスに」 景気回復には国民の勇気が必要?

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナス金利の行方は、ゆうちょ銀行などの経営にも影響する (c)朝日新聞社

マイナス金利の行方は、ゆうちょ銀行などの経営にも影響する (c)朝日新聞社

 日銀の金融政策決定会合のたびにマーケットは「さらなる金融緩和」を要求する。ただ、少し長い目で見れば、放っておいても「円安/ドル高」は進んで景気は回復するだろうから、日銀は動く必要はない。出口のない「さらなる量的緩和」の深追いなど禁じ手もいいところだ。将来の国民生活が地獄と化すからだ。すでに日銀もそのことを認識していると思うから、この選択はしないだろう。私は日銀の「理性」を信じる。

 どうしても「さらなる緩和」を期待するなら、マイナス金利幅の拡大は可能性がある。よく「マイナス金利政策は効果がない」という評論を聞くが、とんでもない。「マイナス金利政策が効かない」のではなく、「マイナス0.1%は効かない」のだ。マイナス10%にすれば、いくらなんでも効くに決まっている。

 マイナス金利政策は「景気が悪ければ金利を下げ、景気が過熱すれば金利を上げる」という意味で「伝統的金融政策」だ。引き下げの結果、行き着いた先がマイナスだった、に過ぎない。伝統的金融政策であるがゆえに出口もある。金利を引き上げればよいだけだ。

 ただこの選択肢は「預金金利もマイナスにさせる」という勇気を、日銀と政府が持たないことには難しい。一時的なマイナス金利を預金者が受け入れれば、円安はより強烈に進み、景気は回復して預金金利もまたプラスに戻る。預金金利のマイナスを認めずマイナス金利幅を拡大すれば、ゆうちょ銀行をはじめ、中小金融機関の経営が苦しくなる。

週刊朝日  2016年5月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)、新著「日銀破綻」(幻冬舎)も発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい