「世界一貧しい大統領」 ウルグアイ・ムヒカ氏の素顔 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「世界一貧しい大統領」 ウルグアイ・ムヒカ氏の素顔

週刊朝日
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチAmazonで購入する

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
Amazonで購入する

 給料の約9割を寄付、自分で運転する中古のフォルクスワーゲンを愛用し、生活費は月10万円ほど──。“世界で一番貧しい大統領”として知られる前ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏(80)が4月5日、初来日した。

 ムヒカ氏が注目を集めたのは、2012年の「国連持続可能な開発会議」(Rio+20)での演説だ。

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないこと」

 消費主義の行きすぎに警鐘を鳴らす演説は話題になった。この演説を翻訳した絵本『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(汐文社)は19万3千部と異例の売れ行きだ。

 読者の反響が大きく、汐文社担当者の仙波敦子さんらは昨年5月、ムヒカ氏に訪日を要請。今回、『ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領』(角川文庫)の出版にあわせて来日した。

「読者からの感想をムヒカさんに渡すと、『こんなに離れた日本で自分を受け入れてくれるのがありがたい』と喜んでくれました。『日本で学ぶことがウルグアイの将来に役立つから行くのであって、特別扱いされたくない』と話していた。80歳でも常にインプットする気持ちでいることが、印象的でした」(仙波さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい