青木功新会長誕生へ ゴルフ界は変わるのか? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

青木功新会長誕生へ ゴルフ界は変わるのか?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木功新会長に期待!(※イメージ)

青木功新会長に期待!(※イメージ)

 ショットはもともと一流クラスだったんですけど、パッティングはどうなっていくのかなという不安材料しかなかった。よく克服できましたよね。短いパターでの優勝は5年ぶりだったそうです。アダムはすっごく試合数を制限するタイプなんで、これで彼の時代が来るかもなんてことは言いにくいですけど、メジャーでどんな活躍をするかによって、周囲の雰囲気も変わるんじゃないですか?

 話は変わりまして、日本ゴルフツアー機構の次期会長の話です。ジャパンゴルフツアー選手会からの強い要望もあって、青木功さんの就任が決まりました。

 現状で男子ツアーは26試合ありますけど、日本のプロゴルフの第一人者から各試合のスポンサーに「今後とも我々男子ツアーをよろしくお願いします」と言っていただけるのは大きいですよね。先頭に立つ顔としては、青木さん以上の方はいませんから。

 まもなく青木功さんの会長就任が決まって、4月14日に国内の開幕戦を迎えるという流れは、いいんじゃないかなと。青木さんが会長になられても、いきなり来シーズン試合数が30に増えるかといったら、そんなことは望めない。将来的なところを見つつ、現状あるスポンサーさんたちをきちんとした形で大事にしていける人物として、僭越ながら青木さんが最適なんだという気はしますね。

 今年初めての開催となる「第11回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」(3月28日、千葉・平川CC)の参加応募が締め切りになりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。抽選の上、参加者を決めさせていただきました。

 今回から新たな舞台に移ります。そこで子どもたちがどんなゴルフをするのか、本当に楽しみですね。平川CCは「日立3ツアーズ」やシニアツアーなんかも開催されてきたゴルフ場です。我々のコースセッティングも工夫しがいがあるでしょうね!

週刊朝日 2016年3月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい