田原総一朗「事故から5年後の原発で触れた現場作業員の『心』」

連載「ギロン堂」

 東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所の事故発生から5年を迎える。現場を訪れたジャーナリストの田原総一朗氏は、原発作業員の必死な姿に心を動かされたという。

*  *  *
 東京電力福島第一原発の現状を取材した。深刻な事故を起こして5年になる。

 常磐線のいわき駅まで特急列車で行き、バスに乗り継いだ。途中、葉町と広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」で東電側から現状の概略を聞き、そこからは東電が用意したマイクロバスで原発に向かった。国道に沿って富岡町、大熊町などが並んでいたが、いずれの町も人影はない。国道沿いにコンビニやラーメン屋、ファストフードの店などがあったが、いずれも閉じられていて、地震と津波で無残に半壊したままの店もあった。人口7千人の楢葉町は、400人ばかりの住民が帰ってきているということだったが、人影はなかった。

 1976年の夏、私は楢葉町や大熊町に取材に来たことがある。当時、原発は日本の未来を開く夢のエネルギーだと、政府も電力会社もメディアも喧伝していて、楢葉町や大熊町は、その先端を走る輝ける自治体だった。実は、私は原発という先端技術にそれゆえの不安を抱き、夢のエネルギーの危うさを取材していたのだが、地元の住民たちはそのような不安はまったく持っていなかった。もちろん、東電や県、そして政府が「絶対安全」という太鼓判を押していたからである。あれほど信頼しきっていた地元の住民たちを裏切った東電の責任は重い。

 だが、原発構内で働いている東電社員たちは、いずれも、その責任の重さ、罪の深さを十二分に感じ取っているようであった。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック