知花くららの短歌レッスン 恋の場面にコーヒーはありがち?

2016/02/24 16:00

 モデルの知花(ちばな)くららさんが、「朝日歌壇」の選者である永田和宏先生に短歌を詠む秘訣を聞く本誌連載『知花くららの「教えて!永田先生」。今回は日常で歌をうまく詠む比喩のポイントを聞いた。

あわせて読みたい

  • 知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    週刊朝日

    7/29

    「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    週刊朝日

    1/6

  • 「和する」が決め手! 知花くららが古典和歌と現代短歌の違いを学ぶ

    「和する」が決め手! 知花くららが古典和歌と現代短歌の違いを学ぶ

    週刊朝日

    9/5

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    週刊朝日

    1/7

  • あえてルールを破る? 知花くららが短歌の「字余り」に驚愕! 

    あえてルールを破る? 知花くららが短歌の「字余り」に驚愕! 

    週刊朝日

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す