「1月に行くしかないでしょう」天皇陛下のひと言で決まったフィリピン慰霊

皇室

2016/02/04 07:00

 戦後70年の節目を過ぎてもなお、両陛下の慰霊の旅は続く。それは負の遺産を残した日本の天皇、皇后として祈りを捧げ、惨禍の記憶の風化に抗すること。元朝日新聞編集委員・岩井克己が寄稿した。

あわせて読みたい

  • 陛下自ら慰霊に言及 終戦で終わらない苦悩に寄り添う「皇室外交」

    陛下自ら慰霊に言及 終戦で終わらない苦悩に寄り添う「皇室外交」

    週刊朝日

    9/5

    天皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」

    天皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」

    週刊朝日

    2/12

  • フィリピン決戦の悲劇 天皇、皇后両陛下が戦没者慰霊へ

    フィリピン決戦の悲劇 天皇、皇后両陛下が戦没者慰霊へ

    週刊朝日

    1/27

    平和への祈り捧げて 天皇、皇后両陛下「フィリピン慰霊の旅」

    平和への祈り捧げて 天皇、皇后両陛下「フィリピン慰霊の旅」

    週刊朝日

    2/4

  • 日本に渡るフィリピーナたちの今 <下川裕治のどこへと訊かれて>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    日本に渡るフィリピーナたちの今 <下川裕治のどこへと訊かれて>

    dot.

    4/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す