石川遼 リオ・オリンピック出場に意欲も現実は厳しい? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼 リオ・オリンピック出場に意欲も現実は厳しい?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
現実は厳しい?(※イメージ)

現実は厳しい?(※イメージ)

 試合数を増やすのは非常に難しいだろうから、とにかく現状で男子ツアーを応援してくれているスポンサーのみなさんに対して、どうすればその支援を継続してもらえるのか考えて実行するのが最大の仕事でしょうね。それぞれの選手がやっていくべきことを明文化して、掲げていかないとダメですね。日本ゴルフツアー機構(JGTO)に対しても、いろんなことを提案して申し入れていかないと、何も変わらないです。

 石川遼(24)が年明けの渡米前にリオデジャネイロ・オリンピックへ向けて前向きな発言をしたそうですね。

「オリンピックはゴルフファンのみならず、ほかのスポーツファン、さらに普段はスポーツ観戦をしない人も見る。自分としてはモチベーション高く、そこを目指していければ」と。

 遼は1月12日現在のオリンピックランキングで日本男子の6番手ですが、そういう気持ちがあれば米ツアーでもさらに強いモチベーションになるでしょうからね。大きな目標を立てると頑張るタイプなんでね。

 米ツアーで初優勝できると、可能性が出てきますよね。勝てないとちょっとチャンスがないかな? まあトップ10を立て続けに出せば分かりませんよ。7月11日時点で世界ランク15位に入るか、オリンピックランク日本勢の上位2位に食い込むか。1試合ずつが勝負になってきますね。

週刊朝日  2016年1月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい