前田健太がメジャー移籍 エース不在の球界に東尾修が危惧

ときどきビーンボール

東尾修

2016/01/10 07:00

 黒田博樹(広島)のようなベテランなら問題はないよ。なぜなら、どうやったら打ち取れるかの投球術を身につけ、その球種の効用を理解したうえで使っているから。でも、若手投手が見よう見まねで多投していると、かえって成長を阻害するよ。

 例えば、右打者の内角にシュートを投げる。シュートは曲がり幅も自分で把握できる。それがツーシームだとどうか。空気抵抗で曲がる球種だし、変化の幅は投手自身には把握できないことが多い。これだと、打たれたあと、曲がりが大きすぎて打たれたのか、狙われたのか、コースが甘すぎたのか、原因を把握できない。

 投球術は、打たれたり、抑えたりしながら身につけるものだ。結果へ至る過程が把握できないと、すべてが結果オーライで終わってしまうよな。

 山田や柳田がなぜ、すごいのか。フルスイングする中でのバットコントロールを持っているからだ。投手も同じ。まずは腕をしっかり振る中で、制球や投球術を身につけていく。

 細かい球種や、小手先の技術に走っていては、いつまでも成長できない。各球団のエースはともかく、ローテーションの3~4番手にいる投手に、スケールの大きさを感じさせる存在が少ないのも、小手先に走る投手が多いからではないか。

 投手の奮起に期待するといえば、松坂大輔(ソフトバンク)も含め、35歳前後の投手の活躍が寂しかった。山本昌(中日)や西口文也(西武)など大ベテランが引退した。35歳前後のベテランが若い選手の手本にならないと、若手は育たない。球界が発展していかないよ。

 西武の渡辺久信や郭泰源もそうだったが、やっぱり30歳過ぎから力が落ち、35歳前後に壁にぶつかる。そんな投手を何人も見てきた。どうやって選手寿命を延ばすか。球界が一気に若返ると、オールドファンが楽しめなくなるという面もあるから、ぜひ考えてほしい。

週刊朝日  2016年1月15日号

東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 「巨人のルーキー・高木勇人がおもしろい」東尾修の目利き
    筆者の顔写真

    東尾修

    「巨人のルーキー・高木勇人がおもしろい」東尾修の目利き

    週刊朝日

    4/26

    松坂大輔は“不完全さ”が武器 東尾修が投球の秘密を解説
    筆者の顔写真

    東尾修

    松坂大輔は“不完全さ”が武器 東尾修が投球の秘密を解説

    週刊朝日

    6/9

  • 「悪くないのでは?」東尾修が“松坂復活”に期待 そのワケは?
    筆者の顔写真

    東尾修

    「悪くないのでは?」東尾修が“松坂復活”に期待 そのワケは?

    週刊朝日

    6/29

    東尾修が田中将大に助言「スライダーに固執しなければいい」
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修が田中将大に助言「スライダーに固執しなければいい」

    週刊朝日

    5/8

  • 松坂大輔、今も残る剛球伝説「新品の金属バットにヒビが入った」【喜瀬雅則】

    松坂大輔、今も残る剛球伝説「新品の金属バットにヒビが入った」【喜瀬雅則】

    dot.

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す