注目ワード

築地市場   佳子さま   米大統領選   北朝鮮   がん

絶好調の「あさが来た」 魅力は2大イケメンの仕事ぶり

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/ 6 07:00)

女性の心をつかむ要素が満載?(※イメージ)

女性の心をつかむ要素が満載?(※イメージ)

 2015年9月にスタートして以来、週間平均視聴率20%台をキープ、最高視聴率27.2%を記録と絶好調の連続テレビ小説「あさが来た」。本誌連載でもおなじみのカトリーヌあやこさんに、その魅力を読み解いてもらった。

*  *  *
 お転婆で両親の心配の種だったあさ(波瑠)だが、嫁ぎ先の加野屋や経営する炭鉱でも周囲の人々の心をつかみ、女性実業家として成長。従来の朝ドラファンである主婦層だけでなく、ビジネス・パーソンにも視聴者が広がっている。一方で、女性の心をつかむ要素も満載だ。

「子育てにも熱心な新次郎は今でいう“イクメン”。あさが落ち込んでいるときはハグしてくれるなど、現代的です。五代はあさがピンチのときには駆けつけて手を差し伸べる。2大イケメンがいい仕事をしてます」(カトリーヌさん)

 1月後半には、あさの子供時代を演じた名子役・鈴木梨央があさの娘として再登場。「仮面ライダー」などで注目された瀬戸康史は、あさと一緒に女子大設立を志す。モデルとなった広岡浅子の姉は早逝したが、宮崎あおい演じるはつは引き続き登場。後半も見どころ十分だ。

■魅力1
幕末の商家という舞台が新鮮
幕末のちょんまげ姿から始まるのは朝ドラ初。武家ではなく商家を舞台に描くところも新鮮

■魅力2
あさを支える二人のイケメン
家業には興味がないが、粋で優しい夫・新次郎(玉木宏)と、行動力にあふれ時代を生きる男・五代友厚(ディーン・フジオカ)。どちらも女心をくすぐる

■魅力3
脇役のキャラが立っている
雁助(山内圭哉)と亀助(三宅弘城)のやり取りは吉本新喜劇のように軽快。さすがNHK大阪制作

週刊朝日  2016年1月15日号

トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   あさが来た , ドラマ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンタメ アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー