丸山茂樹「僕らにはイ・ボミちゃんみたいな存在を期待するのは難しい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹「僕らにはイ・ボミちゃんみたいな存在を期待するのは難しい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
後輩へ道を開いた奮闘は立派 (c)朝日新聞社

後輩へ道を開いた奮闘は立派 (c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、サッカー澤選手引退や石川遼の発言について語った。

*  *  *
 12月16日に女子サッカーの澤穂希さん(37)が現役引退を発表されました。ほんと、お疲れさまでしたと言いたいです。

 もともとは男子に比べて認知度がかなり低かった女子のサッカーを、ここまで引き上げてきた功労者の一人ですからね。ある意味、「なでしこジャパン」って言葉が定着したのも、澤さんの頑張りによるところが大きいんじゃないかと。

 海外の舞台でも頑張って、後輩たちが日本を飛び出していく道筋をつくったってところは、僕たちも見習うべきだと思います。世界でも戦えるってのを、先頭を切って見せてきた。これはすごいことですよ。

 なでしこリーグの試合に足を運ぶ人が、これだけ増えたんですからね。大きな功績だと思いますよ。

 話は変わりまして、日本男子ツアーで2015年最大のトピックは、やはり石川遼(24)ですねえ。米PGAツアーで苦しんでんのかなと思いきや、日本に戻ってきたら二つ勝つというね。

 この2勝を通して、日本のゴルフファンのみなさんに米ツアーの重みというか、海外ツアーの大変さも改めて知ってもらえたかなと。一方で、あんなに簡単に勝たれちゃいけないぞ、というね。他の選手たちがもっとガッツを出さなくちゃいけない、と。まあ遼が勝つことで、みんなが考えさせられる。日本では大きなトピックでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい