北原みのり「『夫婦同姓』と『おっぱい募金』」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『夫婦同姓』と『おっぱい募金』」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦同姓を法律で義務づけているのは、日本だけという(写真はイメージ)

夫婦同姓を法律で義務づけているのは、日本だけという(写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、「性」は危険で繊細な政治問題だという。

*  *  *
 どれだけ、悔しかったことだろう。夫婦同姓を規定する民法を合憲と判断した最高裁判決が出た日、夫婦別姓を訴え続けてきた女性がテレビカメラの前で泣いていた。

 裁判官は15人、そのうち女性が3人いた。その3人は全員「違憲」と判断した。96%の女性が結婚後に姓を変えている現実を思えば、「女が変えて当たり前」という、社会的抑圧は大きい。

 夫婦同姓を法律で義務づけているのは、日本だけという。今回声をあげた方々が目指してきたのも、夫婦別姓を義務づけるのではなく、選べるようにする、という選択の自由だ。時代にも、そして世界からも遅れた、女の自由に厳しい判断。そしてその判断をしたのは、全員オジサン。もし、裁判官が半分女性だったら。もし裁判官の男女比が逆だったら。オジサンが3人、女が12人だったら……。

 今回の判決について、ネットを見ていたら、選択的夫婦別姓に反対する人たちが、「同姓がイヤなら結婚するな」というのを、たくさん読んだ。女性が何か声をあげると、こういうしょうもない批判をする人、ホント多すぎる。

 先週、おっぱい募金を批判したら、同じような批判をいくつか受けた。おっぱい募金とは、スカパー!が主催するチャリティーイベントで、女性の非着衣のおっぱいを揉(も)む様子を放送するもの。おっぱい募金をやめろ、という女性たちに対し、「イヤなら見るな」とか、「揉ませるのも、揉ませないのも女性が決めること」「部外者は文句言うな」という批判をする声が向けられている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい