北原みのり「そのエロは地球を救わない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「そのエロは地球を救わない」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(※イメージ)

(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。イベント「エロは地球を救う!」について、率直に意見を述べた。

*  *  *
 先日、「24時間テレビ エロは地球を救う!」というイベントがネットで話題になっていた。女性が胸を露出し、客がお金を払うと胸を揉めるというもので、スカパー!主催の、毎年恒例の行事だそうだ。

 イベントの写真を見た時、思わず、きもちわるいっ!!と呻いた。それは多分、見た写真が女性の胸を触りながら心から楽しそうに笑う男の横顔だったからだ。女性の胸だけが写されたものだったら、ここまで感じなかったかもしれない。男の笑顔は、その場で行われていることを雄弁に語っているように見えた。そこに女はいないのだ。そこにいるのは、おっぱいと、男だけ。

 ネットでは、「おっぱいの柔らかさに感動した」「いろんなおっぱいがあるんだ」「おっぱい偉大」「女の子が明るくてよかった」という前向きな感想に溢れている。猛々しい欲望を露にするというよりは、まるで、猿の赤ちゃんって、あんなに柔らかいんだぁ~。パンダ頑張ってた~。ゴリラ偉大~。と動物園の飼育体験をしたような感想に率直に戸惑う。何だろう、この強烈な違和感は。だけれど何だろう、この既視感は。

 男たちの明るい笑顔と感動の中で揉まれる女たちの乳房。集まったお金は、HIVの啓蒙団体に寄付されるという。公然わいせつ罪にも、風営法にも触れない合法なものだという。そう、女たちが文句を言わない限り、声をあげない限り、男たちのエロは平和に保たれるのだろう。というより、この国で「エロ」と呼ばれるものは、女が無言でいることで成立してきたものが、多いのではないか。

「たかがエロでしょ~」「おふざけもわからないのか~」「誰も傷ついてないでしょ~」「これがイヤだというのは、あなたの感性の問題でしょ~」という批判の声が、今にも聞こえてきそうだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい