おひとりさまのピンチは“長屋的付き合い”で解消?

おひとりさま

2015/12/14 07:00

 おひとりさまがもっとも心細くなる状況の一つ、それが“病気やけが”をしたときだろう。けがで片手が使えなくなれば料理も着替えもできず、トイレもたいへんだ。寝込めば買い物にも行けない。そうした不便を解消する家事代行サービスなども充実してきたが、集合住宅の住民同士で支え合っているところもある。

あわせて読みたい

  • 「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    週刊朝日

    11/10

    「近所の誰かとつながろう」シニアの危機はこうして防ぐ

    「近所の誰かとつながろう」シニアの危機はこうして防ぐ

    週刊朝日

    8/11

  • 震災に強い東北の「ケアハウス」 自家発電に避難訓練など独自策も #あれから私は

    震災に強い東北の「ケアハウス」 自家発電に避難訓練など独自策も #あれから私は

    週刊朝日

    3/11

    地域住民がお金を出し合って病院を設立… 徳洲会の光と影

    地域住民がお金を出し合って病院を設立… 徳洲会の光と影

    AERA

    12/11

  • 病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    週刊朝日

    6/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す