嵐山光三郎「憎しみという贈り物」

イスラム国

2015/12/07 11:30

「憎しみという贈り物はあげない」というテロ被害者の遺族からのメッセージが話題となっている。その悲壮なメッセージは自分を確立しようとするせいいっぱいの皮肉だと、エッセイストの嵐山光三郎氏は、読み解く。

あわせて読みたい

  • イラク人の顔の皮をヘルメットに…米兵士が語る戦争の真実

    イラク人の顔の皮をヘルメットに…米兵士が語る戦争の真実

    AERA

    10/14

    北原みのり「『テロとの戦い』とは…」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    北原みのり「『テロとの戦い』とは…」

    週刊朝日

    11/30

  • 室井佑月 イスラムと西側欧米諸国の「泥仕合にあまりかかわらないで」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月 イスラムと西側欧米諸国の「泥仕合にあまりかかわらないで」

    週刊朝日

    12/7

    拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害

    拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害

    AERA

    7/2

  • スティーヴィー・ワンダーがアノ名盤を全曲披露、“憎しみより愛を”訴える

    スティーヴィー・ワンダーがアノ名盤を全曲披露、“憎しみより愛を”訴える

    Billboard JAPAN

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す