「東海道新幹線」が誕生したのは“カミナリ親父”のおかげ? 開発秘話が明らかに

新幹線

2015/12/05 07:00

 戦後70年間、いつも日本人の暮らしのそばにあったのが鉄道だ。なかでも昭和39(1964)年の東京五輪と同時期に開業した東海道新幹線は、高度経済成長の象徴。そんな鉄道戦後史の大きな節目に立ち会ってきたのが、JR東海初代社長(現・相談役)の須田寬さん(84)。鉄道と新幹線にまつわる秘話を須田さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • JR東海は鉄道中心 リニア戦略で突っ走る

    JR東海は鉄道中心 リニア戦略で突っ走る

    AERA

    4/5

    50年前「新幹線開業」の熱気 アサヒグラフはこう伝えた

    50年前「新幹線開業」の熱気 アサヒグラフはこう伝えた

    dot.

    9/30

  • 10日に1回? 運行ダイヤ非公開のドクターイエローの秘密

    10日に1回? 運行ダイヤ非公開のドクターイエローの秘密

    BOOKSTAND

    9/27

    【震災10年】鉄道はつながってこそ未来を拓く 東北を救った輸送作戦といま

    【震災10年】鉄道はつながってこそ未来を拓く 東北を救った輸送作戦といま

    AERA

    2/20

  • JR北海道をつぶすの誰だ 会社もグループもみんな逃げた

    JR北海道をつぶすの誰だ 会社もグループもみんな逃げた

    AERA

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す