北原みのり「五郎丸を、待っていた!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

五郎丸選手のような男性を待ち望んでいた!(撮影/谷本結利)

五郎丸選手のような男性を待ち望んでいた!(撮影/谷本結利)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、ラグビーの五郎丸歩選手のような男性を待ち望んでいたという。

*  *  *
 友人の話。仕事帰りに終電に乗った時のことだ。彼女の後ろにスーツ姿の若い男数人が立った。飲み会の帰りらしく、声が大きく酒臭い。それだけならまだしも、「そんなにくっついたら、勃っちゃうよ~」などと言って盛り上がっていた。

 夜遅い電車は、圧倒的に男性の空間だ。家事や子育てを妻に任せ、時間を気にせずに飲んだり仕事できる人たちが、ただ寝るために家に帰る電車。女は少数派だ。友人は大きなカバンを抱えながら泣きたくなったという。「女の人も周りにいたんだけど、みんな青ざめてた」

 ……その時である! 彼女の目の前に向かい合うようにして立っていた男性がいた。身長180センチ以上、スーツの似合う30代の男性だ。その彼が彼女の荷物を「持ちましょう」とひょいと掲げ、彼女に向かってこう言ったというのだ。

「お仕事、お疲れさまです。頑張りましょう!」

 それは周りにもハッキリと聞こえるほど明瞭で、爽やかな声だった。そして、不思議なことが起きた。それまでさんざん下品な笑い声を立てていた男たちが、すーっと声を潜めたのだ。

「男は、男にどう思われるかは気になるんだね」

 彼女はそう言うのだが、私はにわかに信じられなかった。いや、彼女の言ったことがではなく、そんな男性がいたことが、だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   ラグビー , 北原みのり , 男と女 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加